VSTを中心に色々な音楽ソフトを紹介していきます。 DTMで宅録な人もバンドでレコーディングにDAWを使う人も是非見てくださいね

  VSTマニアのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 市販音源 > session drummer2の使い方  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

session drummer2の使い方

2009 - 01/05 [Mon] - 01:57

SONARに付属してるsession drummer2を使ってみよう、という記事を書きます。

この音源、目立ってないんですが実は結構優れものかもしれません。
というのも、マルチアウトに対応してるんでDAW側でエフェクターを楽器毎にかけられるんですよね。

まぁだからどうした、という話でもあるといえばあるんですがw
音色の調整が出来る、という事でただ鳴らしてるだけだった人はちょっとやってみてくださいな。

挿入>プラグイン>session drumeer2で
マルチアウト(ステレオ)を選びます。

session drummer2_1


するとこうなるはず。

session drummer2_2


で、このままプリセットを読み込んで鳴らすと
オーディオトラックの1個のみに全部の楽器が出力されるんですが

この画面の、楽器のアイコンの下にある数字を上下にドラッグすると出力するトラックを1~8まで選べます。


session drummer2_3



で、これでマルチアウトできるので後はエフェクターをかけて遊ぶなりする、と。

打ち込みを自分でやってみる人はSONARにはsession drummer用のドラムマップが搭載されてますので、使ってみましょう。打ち込みが多少楽になります。

また、いらないドラムマップは消してしまいましょう。
どうやるか、というと

Windowsのエクスプローラーを開きます。(デスクトップ>マイコンピュータをダブルクリックでOK。)
で、メニューバーのツールをクリック。

フォルダオプションを開き、表示タブをクリック。
すると、ファイルとフォルダの表示にすべてのファイルとフォルダを表示する、というチェック項目がありますからそれにチェックを入れて、すべてのフォルダに適用をします。

で、Documents and Settingsにいくと、All Usersとユーザー名の書かれたフォルダがあると思います。

これの、ユーザー名の方をクリックすると半透明なフォルダでApplication Dataがあります。

そこに入り、Cakewalk>SONAR>Drum Mapsと進んでいきます。

あとは使わないドラムマップを削除しておしまい、という感じで。

ドラムマップマネージャーからも消せるんですが、この方が一括でいけるので便利ですんで。

一応バックアップだけ取っておくと後で使いたくなってもOK状態にできるのでバックアップをしておくのはお勧めしておきます。

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vstmania.blog24.fc2.com/tb.php/28-78bf7c3d

 | HOME | 

管理人の持ってるオススメソフト

DAWソフト

ドラムソフト

マルチティンバー音源+シンセ音源+オーケストラ音源



にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ

管理人が持ってるオススメデバイス

MIDIキーボード

MIDIコントローラー

ギター用マルチエフェクター

最新記事

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。