VSTを中心に色々な音楽ソフトを紹介していきます。 DTMで宅録な人もバンドでレコーディングにDAWを使う人も是非見てくださいね

  VSTマニアのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 作曲ツール > テキスト音楽サクラの使い方  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テキスト音楽サクラの使い方

2009 - 01/07 [Wed] - 21:13

テキスト音楽サクラは文字を打ち込んで音楽を作っていきます。
ワープロ感覚の音楽作成ソフトです。

片仮名でドレミファソラシと打ち込めばそのように鳴ります。

WindowsにはMicrosft GS Wavetable SW Synthというソフトシンセが入ってますから、このソフトだけで音楽を作っていくことが出来ます。

別口でDTM音源などを用意すればプロが作ったような音楽を作ることも可能ですし、実際にプロとして活動している梅本竜さんもテキスト音楽サクラを商業の現場にて使っています。
http://oto.chu.jp/

使い方は最初に書いたとおり、文字を書いてmidiの命令を再現していきます。

例えば

トラック1
音符8
ドレミファソ

と真っ白なキャンパスに書けば、トラック1でドレミファソを8分音符で鳴らせられるという事になります。


詳細はマニュアルを見ればわかりますし、掲示板を見に行くとユーザーが作った曲が数千曲ありますから、その曲をダウンロードして少しずつ使い方を見ていくのが上達の早道です。


このソフトは慣れてしまうと他のソフトが使いづらくなってしまうくらい痒いところに手が届いています。

midioutのポートも実は8個くらいありますので、midi yokeとVSTを使うような環境や、ヤマハのmotifやrolandのfantomなどのDTM音源ちっくなハード音源を持っていれば相当好き勝手に音楽できます。


弱点としては、DAWの連携を考えるとやっぱりちょっと弱い、という事。
でもそれは連携を考えなきゃ良い話なんで、普通に使う分にはオールインワンという感じです。

初心者向け、という面の皮をかぶった、本格的な音楽作成ソフト、という感じです。
テキストベースという事もあり、使い方は非常に多彩になります。

僕が使ってたやり方はギターのコード演奏を先にコードごとに全部作っておいてそれをヘッダファイルに封印しておき、曲を作るときにそれを呼び出しをする、という感じです。

似たようなのではドラムパターンを封印しておき、という感じで使ってました。

SONARに移行してからはこのソフトは使ってないですが、一番慣れてるのはこのソフトだったりします。

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vstmania.blog24.fc2.com/tb.php/30-f4726a33

 | HOME | 

管理人の持ってるオススメソフト

DAWソフト

ドラムソフト

マルチティンバー音源+シンセ音源+オーケストラ音源



にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ

管理人が持ってるオススメデバイス

MIDIキーボード

MIDIコントローラー

ギター用マルチエフェクター

最新記事

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。